電子定款の作成依頼 – 公証役場での定款認証も行政書士さんにお願いしました。

電子定款作成依頼!公証役場での定款認証

公証役場という聞きなれない場所で、作成した定款を認証してもらいました。登記申請するときには、認証を受けた定款を提出しなければなりません。詳しいことは分かりませんが、公証役場にいる人たち「公証人」は法律の専門家みたいです。

公証人の認証を受けるには、紙の定款に 4万円の収入印紙を貼る方法と、定款を電子文書(PDFファイル)にする方法があります。電子文書にした定款「電子定款」は印紙代 4万円が必要ありませんので、迷わず電子定款の認証を選択しました。

電子定款の作成

とってもお得な電子定款ですが、単純にPDFファイルに変換するだけでなく、複雑な手続きや専用の高額機器などが必要です。自分で作成するのは難しいと思いましたので、ネットで行政書士さんを探してメールでお願いしました。

行政書士さんにメール送信した書類
作成した定款(WORDファイル)
●スキャナーした身分証証明書
●スキャナーした印鑑証明書

驚くほど安価で作成してくれる行政書士さんもいましたが、設立後、指定の税理士事務所と契約する約束事があったのでヤメました。

お願いした行政書士さんとはメールのやりとりだけで一度もお会いすることはありませんでしたが、迅速丁寧な対応で安心してお任せできました。

定款の認証

代行手数料が無料だったので、公証人による定款認証の手続きも同じ行政書士事さんにお願いしました。手続きを代行してもらうには、僕の印鑑証明書と委任状が必要で行政書士さんが予め用意してくれた委任状に押印して返送しました。

行政書士さんから郵送されてきた書類
●委任状と定款(ホチキスで留めされられています)
●委任状の説明書
●今後の流れの説明書
●返送用レターパック

行政書士さんから郵送されてきた書類

追記です。埼玉県川口市に行ったとき、たまたま「公証役場」があったので写真を撮ってきました。2015.06.17

周辺には、商店街や大きな商業施設があり、「こんな所にあるんだ」と思いました。全国公証役場所在地一覧

川口公証役場

定款到着

認証済電子定款 CD と紙の定款謄本が届きました。登記申請をするときには、認証済電子定款 CD をコピーして提出します。謄本の最後のページには、公証人の名前と「電磁的記録の情報と同一であることを証する」と記載されています。

謄本とは、原本の内容を全部写したものです。なので、紙の定款謄本は CD に保存されている認証済電子定款をプリントアウトして、公証人が認証済電子定款の内容と同じであることを証明してくれたものだと理解しました。

行政書士さんから届いた定款
●認証済電子定款 CD 1枚
●紙の定款謄本 2部

行政書士さんから届いた認証済電子定款が入った CD と定款謄本

かかった時間と費用

行政書士さんの指示に従ってスムーズに認証済電子定款 CD を受け取れました。行政書士さんの手数料のほか、公証人に定款認証手数料が必要でした。

●定款到着まで 5日
●費用 70,144円

電子定款作成代行 18,144円
定款認証代行 0円
定款認証手数料 52,000円

このエントリーをはてなブックマークに追加