会社設立時の届出書を提出 – 税務署と都税事務所に届け出ました。

test

本店の所在地を管轄する税務署と都税事務所に作成した届出書を提出してきました。

東京都 23区内の会社なので区役所への届け出はしていません。法人住民税(法人都民税)については、都の特例として都税事務所が取り扱っています。

東京都主税局<都税Q&A><法人事業税・法人都民税 Q&A>

法人都民税・市町村民税とは?

都内に事務所や事業所などがある法人に課税される税金で、ふつう「法人住民税」といわれます。これには都民税と市町村民税の2つがあり、それぞれ「法人税割」と「均等割」からなっています。(地方税法第24条)

東京都23区内の法人は都の特例として、市町村民税相当分もあわせて都民税として所管の都税事務所に申告して納めます。市町村にある法人は都税事務所(都税支所)・支庁に都民税を申告して納めるほかに、各市役所・町村役場に市町村民税を申告して納めます。(地方税法第734条)

これとは別に支払いを受ける利子等に対しては都民税として「利子割」が課税されます。
※平成28年1月1日以後に支払を受けるべき利子等については、法人都民税利子割は課税されません。

税務署での届け出

窓口の職員さんに「届出書に不備がないか確認してほしい」ことを伝えたら、テーブル席に移動して対応してくれました。

一通り確認が終わり「控えはどうしますか?」と聞かれたので、コンビニまでコピーを取りに行き受付印を押してもらいました。

各書類の控えは、法人口座を開設するときに提出を求めらることがあるようです。

追記です。ゆうちょ銀行で法人口座を開設しましたが、法人設立届出書の控えが必要でした。

税務署に届け出た書類の控え

都税事務所での届け出

税務署で手続きしたあと急用ができてしまい、都税事務所へは後日いきました。

設立日から 15日以内に法人設立届出書を提出しなければいけなかったのですが、うっかりしてしまい期限を過ぎてからの提出です。

急いで都税事務所へ行き、「届け出をしていなかった」ことを伝えたら、とくに何も言われず問題なく届け出ることができました。

都税事務所でも控えに受付印を押してもらえます。

税務署と都税事務所に届け出た書類の控え
このエントリーをはてなブックマークに追加