会社設立時の届出書を作成 – 国税庁のひな型を利用して作成しました。

税務関係の届出書類作成!

法人登記が終わり一息つきたいところですが、税務署には提出期限が定められている届け出もあるようなので、さっそく国税庁のホームページから必要な書類をプリントアウトして記入しました。

手書きでなので思ったより大変です。

届出に必要な書類

税務署には下記の書類を全て提出します。×2 は都税事務所にも提出する書類です。

●法人設立届出書 ×2
●給与支払事務所等の開設届出書
●源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書
●青色申告承認申請書

税務関係の届出書類

法人設立届出書には以下の書類を添付します。
●定款のコピー ×2
●登記事項証明書 ×2
●株主名簿
●設立時貸借対照表

法人設立届出書添付書類

届出書と申請書の内容

税務署に届け出をすると、色々な特例や恩恵が受けられるようになるようです。各届出書や申請書については、以下のように理解しました。

●法人設立届出書
会社を設立しましたという届け出。

●給与支払事務所等の開設届出書
これから源泉所得税を納付しますという届け出。

●源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書
源泉所得税の納付を半年に 1度まとめて納付することができます。

●青色申告承認申請書
帳簿をきちんとつけると、税金をオマケしてもらえます。

書類の作成

提出期限や記入方法は、inQup さんの会社設立後に必ず届出しなければいけない書類とその作成法まとめに分かりやすく説明されています。

ネット上になかった株主名簿と設立時貸借対照表のひな型は EXCELファイルで作成しました。

よろしければ、ダウンロードしてご利用ください。

●株主名簿(stockholder.xls
●設立時貸借対照表(balancesheet.xls

このエントリーをはてなブックマークに追加