会社設立時の役員報酬を決定!一人ぼっちの臨時株主総会を開催しました。

初年度の役員報酬決定!

役員への給与がどのように支払われるのか調べてみたところ、「定期同額給与」という方法で報酬が支払われています。

それから、報酬金額は株主総会を開催して決定することが分かりました。

僕が設立した 1人株式会社の定款には、「取締役が報酬、賞与その他の職務執行の対価として当会社から受ける財産上の利益は、株主総会の決議によって定める」と記載されています。

定期同額給与

役員報酬は毎月同額であれば経費として認められるけど、毎月同額を超える部分については経費として認められません。

定期同額給与は、役員報酬を会社の経費として認めてもらうための約束ごと。

今月は売上が良いから今月だけ報酬を増やすとかはダメで毎月同額です。

会社設立時の役員報酬の決め方 | 栗田倫也税理士事務所

設立後半年間は月5万円で、その後月30万円に増額した場合、毎月同額となるのは5万円なので、超過する月25万円の役員報酬は法人税法上、費用として認められないこととなる。

報酬額の決定

役員報酬の金額は、決算後に開催される定時株主総会で決定します。

定時株主総会は 1事業年度に 1度だけなので、基本的に 1年間は報酬額を変更することができません。

設立時は 3か月以内に臨時株主総会を開催して決定するようです。

初めての会社決算と法人税申告のQ&A – 柄溝税理士事務所|大阪市北区

会社設立時はどうなるのか?
設立直後のため定時株主総会は開催されないので、事業年度開始後3か月以内に臨時株主総会を開催して役員報酬を決めればよいのだ。

1人株主総会

1人株主総会についても調べてみました。

取締役・株主は自分 1人だけなので、もちろん招集の手続きはなく異議もありません。自身が議長となり承認可決して議事録を作成します。

とても微妙な感じですけど義務なのでやらないとダメみたいです。

議事録の作成

議事録は、ネット上のひな型を参考にして WORDファイルで作成しました。

下記よりダウンロードして頂いて構わないのですが、僕が作成した物なので誤りがあるかもしれません。十分に内容を確認されてからご利用ください。

●議事録(minutes.doc

記録した議事録は株主総会の日から 10年間は会社に備え置くようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加