会社のルールを定める定款を作成 – ネット上のひな型を利用して作成しました。

会社のルールを定める定款作成!

定款(ていかん)は会社のルールを定める大切な書類です。「商号・事業目的・本店所在地・資本金・株式・事業年度」などを記載しますが、僕には株式や会社法に関する知識がまったくないので、ネット上のひな型を利用して定款を作成しました。

ひな型を利用した定款作成

トラディスグループさんの株主 1名・取締役 1名の定款ひな型を利用させていただきました。ダウンロードした定款ひな型(WORDファイル)に設立する会社の内容を入力するだけなので簡単です。分かりやすい説明もありました。

分かったこと

定款に記載する内容について理解を深めたかったので、少し調べてみました。

●本店の所在地
東京都○○区と記入しました。区名で留めることにより、同一区内での移転の場合は、定款の変更が必要ないとされています。

●発起人の氏名及び住所
印鑑登録証明書に記載されている通りに住所を記入しました。例えば、「1丁目20番3号」の記載を「1-20-3」としてはダメみたいです。

●事業年度
毎年4月1日から翌年3月末日と記入しました。事業年度の末日が決算期となりますので、僕が設立する会社は 3月決算です。

かかった時間と費用

●定款作成にかかった時間 2日
●費用 0円

このエントリーをはてなブックマークに追加