はじめての印鑑登録 – 会社設立には2通の印鑑登録証明書が必要です。

はじめての印鑑登録!

これから会社設立に向けて沢山の書類を作成していきますが、その書類に押す印鑑は区役所に登録している「実印」でなければいけません。

また、書類に押されている印鑑が実印であることを証明するために「印鑑登録証明書」の添付が必要です。

印鑑登録

僕は実印を持っていなかったので、まずは印鑑登録から。備え付けの申請書に実印とする印鑑を押して、名前・住所・生年月日を記入するだけです。一緒に身分証明書を提出しますが、運転免許証など顔写真付きのものなら即日に登録できるみたいです。

15分ほどで印鑑登録が完了。番号が記載された印鑑カード(印鑑登録証)がもらえます。

この印鑑カードがあれば、近所の図書館などでも印鑑登録証明書を発行してもらえるようです。

印鑑登録証・印鑑カード

印鑑登録証明書の取得

続いて印鑑登録証明書の取得ですが、印鑑カードと一緒に持ってきてくれた申請書に印鑑カードの番号・通数 2・名前・住所などを記入するだけでした。

10分ほどで印鑑登録証明書を受け取れました。登録した印鑑が押されているほか、名前や住所が記載されています。

なぜこの印鑑登録証明書が 2通必要なのか調べたところ、「定款認証」と「登記申請」の時に必要みたいです。

印鑑登録証明書 2通

持っていったもの

●実印とする印鑑
●運転免許証

かかった時間と費用

午後は混雑すると思い急いで区役所へ。
午前中に着いたのでスムーズに手続きができました。

●区役所での手続き 30分
●費用 700円

印鑑登録手数料 100円
印鑑登録証明書 600円(1通300円)

このエントリーをはてなブックマークに追加